プロモーション映像を制作したり、インタビューを行ったりとアメリカの人気YouTuberとの交流を深めている任天堂アメリカですが、iJustine氏のチャンネルに任天堂の宮本茂氏とBill Trinen氏が登場。

横スクロール『スーパーマリオ』生誕30周年のタイミングで発売される『Mario Maker』やオープンワールド化した『ゼルダの伝説』最新作、そのゼルダより先に発売されるという『スターフォックス』などなど、任天堂が2015年に予定しているソフトを中心に、宮本氏がゲーム内容や特長をコメントしています。

宮本氏が語る、任天堂の2015年発売予定ソフト

Mario Maker について

何かお祝いをしたいと考えていたときにタイミング良く出せる、作りながら遊べる横スクロールマリオエディタ。

幾つかのマリオシリーズのグラフィックをきせかえ可能(『1』『3』『ワールド』『NewマリオU』が判明)。敵やアイテムを組み合わせてどんな効果になるのか、考えるのも楽しい。

作ったコースを共有したり、人気コースを遊べるようにしたりと、ローカルだけでなくオンラインを活用した楽しみ方も用意される。

『マリオペイント』のキラーコンテンツだった「ハエたたき」が映像内に登場。今回も遊べる?

ゼルダの伝説 最新作 について

『ゼルダの伝説』は、もともとハイラルの世界の中で自由にいろんな事を考えて遊ぶゲームだった。今までは本体のメモリの制約がある中で、幾つかのブロックに分けて全体が1つに見えるように作っていたが、Wii Uの性能があることで、より広く表示できるようになった。

Wii U版では、まず実験的に、トワイライトプリンセスで作ったのと同じ規模の世界を1つのエリアとして全部入れてみようというところから制作が始まった。

1つのダンジョンを見つけて次々と攻略していくゲームスタイルから、幾つかのイベントを同時進行しながら気が向いたことをするスタイルに。長時間遊ばなくても満足感を得られる、現代のライフスタイルに合わせたゲームにしようとしている。

GamePadをマップとしてとことん活用する。

スターフォックス 最新作 について

「『ゼルダ』の前に出るはずです。頑張ってます」

Wii U版『スターフォックス』は、GamePadに表示されるコックピット画面と、テレビの俯瞰視点とを同時に表示し、カッコイイシーンを見たり、攻撃に集中したりといった新しい楽しみ方を出来るシューティングゲームに。

amiibo』も活用。でも内容はまだ言えない。何か少しでも『amiibo』を持っている人が嬉しいことがあるように考えている。

進め!キノピオ隊長 について(発売済み)

キノピオを作った時は性別を決めていなかった。女の子っぽいキノピコが出てきたので、これまでのキノピオは男の子のようになったが、まだ確定はしていない。

横で見ている人もアドバイスしながら遊べる。

Splatoon について

言い忘れかけていた『Splatoon』について。若手スタッフが作る、任天堂らしいアクションが気持ちいいシューター。対戦モードだけでなく1人用モードも充実してきました。大人でも楽しめます。

『Splatoon』は4対4で陣取り合戦を楽しむカラフルなアクションシューター。オンラインマルチプレイがメインであると発表されていますが、シングルプレイやローカルマルチプレイの採用も明らかになっています。2015年春発売予定。

ヨッシー ウールワールド について

幅広い年代が楽しめるシンプルなアクションゲーム。元々様々なアートスタイルで登場してきたヨッシー。『毛糸~』シリーズに合っているのではと編みぐるみも作るなどして今回のアートスタイルで開発がスタート。

宮本氏は、今回のタイミングではまだ言えない未発表タイトルがあることも示唆。このところソフトのリリース間隔が空いたりしてなかなか大きな波を起こせていない任天堂ですが、開発が順調に進めば、少なくとも任天堂ファンにとって2015年は面白い年となりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で