任天堂アメリカが選ぶ、任天堂プラットフォームの「ゲーム・オブ・ザ・イヤー(GOTY)」。今年のGOTYはユーザー参加型で進行していますが、先日組み合わせの決まったトーナメントから1回戦の結果が発表されました。

1回戦の対戦カードをおさらいしておくと、下のような感じです。『スマブラ3DS/WiiU』が同じブロックに入ったり、『ポケモンORAS』と『マリオカート8』がぶつかり合うなど注目の対戦カードも。

Aブロック

Bブロック

  • 『マリオゴルフ ワールドツアー』vs.『ブレイブリーデフォルト』
  • 『ベヨネッタ2』vs.『ゼルダ無双』
  • 『Child of Light』vs.『レイトン教授VS逆転裁判』
  • 『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』vs.『マリオカート8』

一回戦の結果

さて、そして一回戦の結果ですが、下のような結果となりました。ある程度順当に見える中、『Shovel Knight』が『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』を破るジャイアントキリングを達成。TGA2014のBest Independent Game受賞は伊達じゃないといった感じですね。

また、『ポケモンORAS』と『マリオカート8』の対決は『マリオカート8』に軍配が上がる結果となりました。

Aブロック

  • 『ドンキーコング トロピカルフリーズ』vs.『蒼き雷霆 ガンヴォルト』
  • 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』vs.『進め!キノピオ隊長』
  • 『トモダチコレクション 新生活』vs.『ファンタジーライフ』
  • 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』vs.『Shovel Knight』

Bブロック

  • 『マリオゴルフ ワールドツアー』vs.『ブレイブリーデフォルト』
  • 『ベヨネッタ2』vs.『ゼルダ無双』
  • 『Child of Light』vs.『レイトン教授VS逆転裁判』
  • 『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』vs.『マリオカート8』

二回戦の対戦カード

二回戦の対戦カードは以下の通り。投票は前回と同じように、Twitterの任天堂アメリカ(@NintendoAmerica)宛てに定型文“#NintendoMinute GOTY ________ over _________.”で支持するソフトを書いてツイートすればOK。期限は現地時間12月14日17時まで。

Aブロック

  • 『ドンキーコング トロピカルフリーズ』vs.『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
  • 『ファンタジーライフ』vs.『Shovel Knight』

Bブロック

  • 『ブレイブリーデフォルト』vs.『ベヨネッタ2』
  • 『レイトン教授VS逆転裁判』vs.『マリオカート8』

今回は抽選で2名にプレゼントが。1つは『ねんどろいど リンク 風のタクトVer.』と『3DS XL Retro Mario Hard Pouch』のセット。もう1つは『ねんどろいど リンク 風のタクトVer.』と『3DS XL Retro Zelda Hard Pouch』のセットです。

Noa_goty_2014

ポーチはHORIが海外で発売している製品で、本体とタッチペン1本、そして3DSカード6枚を収納可能。ドット絵部分がやや立体的になっていることや、ファスナーのスライダー部分がコインであったりトライフォースであったりといった部分にこだわりが見えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で