2D採掘アドベンチャー『SteamWorld Dig』が成功を収めたImage & Formが開発中のシリーズ最新作『SteamWorld Heist』。2015年のリリースに向け、鋭意開発が進められていますが、対応プラットフォームが発表され、Wii Uやニンテンドー3DSといった任天堂プラットフォームはもちろんのこと、モバイルに至るまでメジャーな現行機種すべてでリリース予定であることが明らかになりました。

全ての現行機種に対応する予定だという『SteamWorld Heist』の具体的なプラットフォームは、PC/Mac/Linux(Steam)、ニンテンドー3DS、Wii U、PlayStation 4、PS Vita、Xbox One。さらに、iOSやAndroidでの配信も計画されています。

Image & Formは一度にすべてのプラットフォーム向けにリリースできる開発リソースをもたないため、まず1ないしは2つのプラットフォームでリリース。その後、順次他プラットフォーム版をリリースしていくとのこと。

Image & Formはまた、『SteamWorld Dig』と同じように、『SteamWorld Heist』もできる限り多くの言語に対応し、世界各地でセルフパブリッシングすることを計画。

ただし、日本で任天堂プラットフォーム向けにソフトをリリースする場合、日本で現地法人を設立するか、日本語で対応出来るパブリッシャーが必要です。東京オフィスの設立へプログラマのUlfさんが志願したそうですが、行かせるには惜しい人材だということで断念。今回も日本のパブリッシャーに任せることになりそうです。

最初にどの機種からリリースされるのかはまだ不明ですが、『SteamWorld Heist』は2015年春にリリース予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で