おそらくは違法なエミュレーター対策として。任天堂が今年6月23日に、USPTO(米国特許商標庁)に「ハンドヘルド(携帯型)ビデオゲームプラットフォームのエミュレーション」に関する特許を申請していたことが明らかになりました。

今回明らかになった特許は、飛行機や列車の座席モニターやスマートフォンなど様々な端末上でゲームボーイソフト(GB、GBC、GBA)のエミュレーションをし、実機と遜色なくゲームを体験できるというもの。

任天堂は以前から新たなプラットフォームで過去の資産を活かす特許を出願していて、今回の申請は2012年にも申請された内容を更新するものであるとのこと。そのため、この特許を根拠として、任天堂が自社以外のプラットフォーム等へ過去資産を提供すると見る向きは殆ど無く(煽り目的のサイトは別として)、不正なエミュレーターアプリ等への対抗策として、見つけた場合に速やかに法的措置をとれるようにするためとの見方が強いようですね。まあそう考える方が自然でしょうね。

任天堂に対しては、業績が落ち込んでいることもあって、キャラクター資産を活かしてスマートデバイスへの進出を提案する外部の声も少なくありません。ただ、任天堂はハードとソフト一体型の自社プラットフォームでのビジネスにこだわりを見せています。過去のソフト資産はWii/Wii U/ニンテンドー3DSで、バーチャルコンソールとして配信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で