メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2014年11月17日~11月23日週)が発表され、一足早く初週150万本突破が報じられていた『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』が堂々の初登場首位を飾ったことが明らかになりました。

『ポケモンORAS』は単体パッケージ版が132.7万本を販売。2本1セットのダブルパックが別集計で9.0万本を販売し、これを2倍することで150万本を突破している換算。

メディアクリエイトは通常、同一タイトルで複数のバージョンが存在するものは合算で計上していますが、特殊な販売形式だったために別途計上される結果となりました。

3位はPS3版『真・三國無双7 Empires』が初登場。12位に入ったPS4版と合わせて4.9万本を販売しています。2012年11月に発売された『真・三國無双6 Empires』の初週販売本数は7.0万本で、約3割数字を落としました。

4位はその完成度に海外では物議を醸している『アサシン クリード ユニティ』のPS4版。3.6万本を販売と、昨年の『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』の3.5万本を上回る初動を見せました(『4』はその後PS4版も発売されて初動1.3万本を販売)。販売台数が伸び悩むPS4ですが、海外タイトルを選ぶユーザーの移行は進んでいるようです。

4位は『モンスターハンター4G』で2.8万本、5位はPS3版『ワールドサッカーウイニングイレブン2015』の2.0万本と続いています。

『ポケモンORAS』の発売により、ソフト販売本数は大幅に増加して前週比291%の185.4万本に。ただ年末商戦期に入ってきているにもかかわらず、『ポケモン』以外のタイトルに元気がないのが気になります。

3DSが国内累計1700万台を突破

ハード総販売台数は前週比104.1%の12.6万台。トップシェアは8.8万台を販売したニンテンドー3DSでした(New3DS: 2.6万台、New3DS LL: 4.2万台、3DS: 0.8万台、3DS LL: 1.1万台)。この週で国内累計販売台数が1700万台を突破しています。

Wii Uは再び1万台を割り込んで0.9万台。今年のセットは同梱ソフトが『マリオカート8』1本で、かつ税込みになると3万5000円を超えてしまう価格であるためにあまりお得感が無く、昨年のような購買には繋がっていません。

TOP 20内の任天堂プラットフォームタイトル

1位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
132.7万本
2位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア [ダブルパック
9.0万本
5位: モンスターハンター4G(同梱版含む)
2.8万本 ← 3.9万本/累計217.3万本
7位: 妖怪ウォッチ2 元祖/本家
1.7万本 ← 2.1万本/累計288.1万本
8位: 大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
1.6万本 ← 1.8万本/累計173.7万本
10位: 進め! キノピオ隊長
1.3万本 ← 2.8万本/累計4.1万本
11位: 太鼓の達人 特盛り!(同梱版含む)
1.1万本
13位: すみっコぐらし ここがおちつくんです
1.1万本
15位: マリオカート8(同梱版含む)
0.8万本 ← 1.3万本/累計72.1万本
16位: ワンピース 超グランドバトル! X
0.8万本 ← 3.5万本/累計4.3万本
ポケットモンスター オメガルビー 【数量限定特典】オリジナルフィギュア ゲンシグラードン&Amazon.co.jp特典オリジナルクリーナー(オメガルビー) 付ポケットモンスター アルファサファイア 【特典】オリジナルフィギュア ゲンシカイオーガ &Amazon.co.jp特典オリジナルクリーナー(アルファサファイア) 付
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア
メーカー: ポケモン、任天堂
開発: ゲームフリーク
ジャンル: RPG
発売日: 2014年11月21日
プレイ人数: 1-4人
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で