任天堂ヨーロッパはマリオファミリーを中心とした任天堂キャラクターを使ったキッズ向けのサイト「Nintendo Kids Club」をオープンしました。ブラウザ上でミニゲームを遊んだり、ペーパークラフトの型紙(pdfファイル)が用意されていたりなど、楽しみながら任天堂キャラクターや世界に触れることができます。

「Nintendo Kids Club」では神経衰弱など3つのミニゲームを遊ぶことができたり、型紙をダウンロードしてペーパークラフトや時間割を作成したり、各キャラクターやソフトの魅力を知ることが可能。「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」も配信。

サイトはこれで完成ではなく、定期的に更新され、新しいコンテンツが追加されていくとのこと。任天堂はこの秋、アメリカで「Play Nintendo」という親子で楽しみながら任天堂キャラクターの魅力を知ることができるウェブサイトを開設していますが、似たような取り組みをヨーロッパでも立ち上げた形。岩田社長も10月の決算説明会で、

アメリカではスマートデバイスからのアクセスを前提にして子供さんと親御さんのために任天堂キャラクターを紹介する「Play Nintendo」というウェブサイトを今月オープンしました。

(中略)

今はアメリカだけで行っていますが、「これからこういうことを世界中でやっていきたい」と宮本とも話しているところです。

via:2014年10月30日(木) 経営方針説明会 / 2015年3月期 第2四半期決算説明会 – 質疑応答

と話しているところで、ファミコン世代も子を持つ年齢となる中、欧米に続いて日本でも遠くないうちにこうした取り組みが始まることを期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で