かねてよりリメイク要望の大きかった『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』ですが、ニンテンドー3DS向けのリメイク作『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』が「Nintendo Direct 2014.11.6」の冒頭でついに発表されました。

『ゼルダの伝説』の中でも際だって異質な世界観を持つ『ムジュラの仮面』が3DSで復活。3日後に月が落ちて世界が崩壊するという時間制限があったり、そもそものダンジョンの難易度が高いなど、遊び手を選ぶゲームでした。しかしながら、それだけに強烈に刺さるインパクトはシリーズ屈指。

リメイク版『ムジュラの仮面 3D』では、オリジナル版の遊び応えを残しながら、ムジュラの全てを遊び尽くせるよう遊びやすさにいくつか改良を加えているとのこと。

ゼルダの伝説総合プロデューサーの青沼英二氏は、ここ何年かは海外イベントのたびにムジュラリメイクについて聞かれていましたが、ようやく質問攻めから解放されますね。次はWii U向けの本編に関して聞かれまくるでしょうけれども。

任天堂からはアナウンストレーラーが公開。任天堂アメリカが公開している映像は60fps対応版なので、そちらをご紹介。設定から画質を「720p60」にしてご覧ください。

Nintendo 3DS – The Legend of Zelda: Majora’s Mask 3D – Announcement Trailer

3DS『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』は2015年発売予定。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly