NPDグループから2014年9月期のアメリカビデオゲーム市場レポートが報告されました。注目の新規IP『Destiny』が発売された9月期は、ソフト市場こそ昨年の『GTA V』ほどの勢いには及ばなかったものの、ハード市場や周辺機器市場が大きく伸び、2年連続で10億ドルの大台を突破しています。

ソフトは前年同期比35%減、ハードは136%増

PCゲームを含めたソフトウェア市場は、前年同期比35%減の5億160万ドルに。一方でハードウェア市場は2倍以上となる136%増の4億3,270万ドルを生成しました。周辺機器・アクセサリ類も33%アップして1億8,950万ドルを生成。この結果、市場総規模は11億ドルと、昨年に引き続き10億ドル台に乗せています。

ハード市場はPS4が牽引

次世代機発売前で落ち込んでいた前年から大きく伸ばしたハードウェア市場は、引き続きPS4が牽引。『Destiny』バンドル効果で月間売上は8月の3倍近い、今年最大となっているとのこと。AAAタイトルの恩恵はデジタルストアにもおよんでおり、PSストアの売り上げは前年同月比で90%近くも上昇したということです。

Destiny、FIFA、スマブラと大型タイトルが続々

歴史に残る売上を見せた『GTA V』が発売された昨年には及ばなかったにせよ、5億ドル台を生成したソフト市場。本体牽引効果の大きかった『Destiny』を筆頭に、『FIFA 15』『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』と大型タイトルが続々デビューしています。ホリデー商戦が近づいてきました。

『スマブラ for 3DS』は10月3日の発売ですが、集計期間の関係で9月分でデビュー。任天堂アメリカの発表によると、3・4日の2日間の売上は70.5万本で、うち13.5万本をDL版が占めています。一服していたハードセールスも再び上昇し、3DSファミリーの売上は、8月から55%増の14万台だったとのこと。

2014年9月: アメリカチャート トップ10

  1. Destiny (Xbox One, PS4, Xbox 360, PS3)
  2. Madden NFL 15 (Xbox 360, PS4, PS3, Xbox One)
  3. FIFA 15 (PS4, Xbox 360, PS3, Xbox One, Wii, Vita, 3DS)
  4. Super Smash Bros. for 3DS (3DS)
  5. Middle-earth: Shadow of Mordor (PS4, Xbox One, PC)
  6. NHL 15 (PS4, Xbox One, Xbox 360, PS3)
  7. Minecraft (Xbox 360, PS3)
  8. The Sims 4 (PC)
  9. Disney Infinity 2.0 (Xbox 360, PS3, Wii U, PS4, Xbox One)
  10. Diablo III: Reaper of Souls (PS4, Xbox 360, PS3, Xbox One, PC)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で