先日、ブラウザベースの簡易版「ニンテンドーeショップ」が見つかり、PC/スマホ対応も間もなくではと見られている任天堂のデジタルストアですが、任天堂アメリカ公式サイトの商品情報ページにて、Wii Uやニンテンドー3DSのデジタルコンテンツ購入が可能になった事が明らかになりました。

遂に導入されたWebサイトからの決済機能。対応ソフトであればNOAの商品情報ページに「Buy digital」「Pre-order digital」ボタンが表示。ここからデジタルコンテンツの直接購入が可能になりました。

ニンテンドーネットワークID(NNID)を所持しているユーザーの場合、公式サイトの商品ページからコンテンツを購入した後、NNIDと紐付けられたハードへコンテンツが直接ダウンロード・インストールされます。

予約購入をした場合、即座にダウンロードされることはありませんが、ソフト発売日の午前0時より自動でダウンロードが開始されるとのこと。

仮にNNIDを持っていなくてもコンテンツの購入は可能で、その場合はダウンロードコードが購入時に記入するメールアドレスへ送付される仕組み。

現在のところ支払いはクレジットカード、地域は北米、そして購入可能なソフトはファーストパーティタイトル、つまり任天堂から発売されたソフトに限られているようですが、さあなる拡充を期待したいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で