UbisoftがWii Uで発売する最後のゲーマー向けタイトルと言われている『Watch Dogs』。他機種版から遅れること半年、日本でも発売が2014年12月4日に決定していますが、Ubisoftは移植に際し、Wii Uならではの独自要素を追加しています。

「我々の焦点は、他機種の『Watch Dogs』と同じ体験を再構築した上で、Wii Uでならではの利点を生かすことにありました。Wii U版の優位性は、Off-TV Playであったり、インタラクティブなマップがあることですね」

と、Ubisoftブカレスト(ルーマニア)チームで本作のWii U移植担当プロデューサーを務めたFlorin Sanda氏はNintendo World Reportの取材に回答。オープンワールドで描かれる『Watch Dogs』の世界は、市街の探索もキーフィーチャーの1つ。そのため、Wii U版で採用されたインタラクティブマップは便利な機能であるとSanda氏は述べています。

2画面を有すし非対称プレイを提案したWii Uこそが、他機種よりも優れた性能を持つべきではなかったかと、あるいは近づいてほしかったなどと、発売された後からならなんとでも言えることを思わなくもないですが、いずれにしてもWii Uならではの要素を実装した『ウォッチドッグス』は、2014年12月4日に国内発売予定です。特徴だけでなく、移植度も気になるところ。

ウォッチドッグス【CEROレーティング「Z」】
ウォッチドッグス
メーカー: Ubisoft
開発: Ubisoft Montreal(Wii U: Ubisoft Romania)
ジャンル: アクション
発売日: 2014年6月26日(Xbox Oneは9月4日、Wii U版は12月4日)
プレイ人数: 1人(通信プレイ時: 1-4人)
対応ハード: PS3、PS4、Xbox 360、Xbox One、Wii U、PC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で