任天堂アメリカは9日、11月にシアトルのEMP博物館で開催される、インディービデオゲームの展示会「Indie Game Revolution」をスポンサーとして後援することを発表しました。

「Indie Game Revolution」は、隆盛めざましい独立系デベロッパーに焦点を当てた展覧会で、彼らがどのようにして従来の枠を越えてゲームを拡大しているか、あるいは急成長する分野において、いかに文化的な影響を及ぼしているかを巡る展示となっているとのこと。

「Indie Game Revolution」は、インディーデベロッパーによって制作されたソフトがプレイアブルで展示。そのリストは順次更新され、ビジターは最新かつ最高のコンテンツを堪能出来るといいます。任天堂からの追加タイトルも、開催中のビデオゲームプログラムにおいて紹介されるそうです。

11月8日の展示オープニングから利用可能なゲームは「Shovel Knight」(Yacht Club Games)や「The Swapper」(Curve Studios)など。両タイトルはWii Uに対応しています。

「Indie Game Revolution」は、2014年11月8日よりシアトルのEMP博物館で開催。前日の7日にはローンチパーティも行われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で