メディアクリエイト調べの国内チャート(2014年9月15日~9月21日週)が発表され、別格の売上を見せる『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が2週目もチャートトップの座に就いたことが明らかになりました。

『スマブラ for 3DS』は32.1万本を販売し、パッケージ版の累計は126.6万本に。『for Wii U』の影響がどう出てくるのかは未知数ですが、3DS版単体で200万本突破していきそうです。

2位は『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』。5.6万本と前週より0.9万本増加し、累計は遂に250万本を突破しました。3位は注目の『ベヨネッタ2』が3.8万本でデビュー。ハード普及の問題やユーザー層の違いもあり、前作を大きく下回る出足となりました。

4位はPS3版『Destiny』、5位は『ドラゴンクエストX オンライン』が続いています。

ソフト総販売本数は前週比46.5%の66.9万本。トップ20内に顔を出した新作は『ベヨネッタ2』のみで、『スマブラ for 3DS』や『Destiny』の減少分を補うことはできませんでした。

今週のマイルストーン

250万本突破: 妖怪ウォッチ2 元祖/本家
120万本突破: 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS

3DSがキャンペーン駆け込み?で増加

ハード市場は8.0万台を販売。トップは3DSの4.3万台でした(3DS: 0.7万台、3DS LL: 3.5万台)。3DS LLがキャンペーン終了間際の駆け込みもあるのか、『ポケモン』予約開始効果なのか前週比で0.4万台増加しています。

Wii Uは『ベヨネッタ2』で+0.1万台の0.8万台。Wii Uでゲーマー向けタイトルを揃えても、これまでのように単発で発売していく限りは大きく動かすのは難しそうです。

Xbox Oneは発売から1ヶ月で早くも定位置に付いてしまいそうな情勢。

TOP 20内、任天堂関連タイトル

1位: 大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
32.1万本 ← 94.4万本/累計126.6万本
2位: 妖怪ウォッチ2 元祖/本家
5.6万本 ← 4.7万本/累計252.5万本
3位: ベヨネッタ2
3.8万本
5位: ドラゴンクエストX オンライン
1.3万本 ← 2.2万本/累計8.9万本
9位: マリオカート8
0.6万本 ← 0.6万本/累計67.2万本
10位: 妖怪ウォッチ
0.4万本 ← 0.4万本/累計127.4万本
11位: ヨッシー New アイランド
0.4万本 ← 0.4万本/累計18.4万本
13位: ポケットモンスター X/Y(同梱版含む)
0.2万本 ← 圏外/累計414.4万本
15位: ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2
0.2万本 ← 0.4万本/累計13.9万本
16位: メダロット8 カブトVer./クワガタVer.
0.2万本 ← 0.3万本/累計4.8万本
17位: 太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険
0.2万本 ← 0.3万本/累計16.3万本
19位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
0.2万本 ← 圏外/累計378.8万本
20位: ゼルダ無双(限定版含む)
0.2万本 ← 0.3万本/累計10.2万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で