任天堂は16日、9月13日に発売したニンテンドー3DSソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』について、13・14日の2日間の販売本数が100万本を突破したと発表しました(パッケージ版/ダウンロード版の合算)。

携帯ゲーム機向けに初めて登場した『スマブラ』。これまで発売された3タイトルのいずれも累計100万本以上を販売してきた任天堂の人気シリーズではありますが、3DS版のミリオン到達はシリーズ最速。わずか2日で100万本突破となりました。

個人所有の携帯ゲーム機向けに発売されたことや、発売時点でのハード普及台数が過去3作と比較して桁違いに多い事も、今回の最速ミリオンに大きく影響したものと思われます。

ちなみに、3DSソフトで初週ミリオンを突破したのは、『モンスターハンター4』『ポケットモンスター X・Y』『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』に続いて4タイトル目。

任天堂の発表によると、パッケージ版のみでの出荷本数についても、先週末の時点で既に100万本を超えていて、随時追加出荷を行っていくとのこと。

任天堂が発表している3DS eショップチャートによると、週間で1位、累計チャートでも早くも18位に入るなど、ダウンロード版でも10万本以上の規模になっていそうです。

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂、バンダイナムコゲームス、バンダイナムコスタジオ
ジャンル: アクション
発売日: 2014年9月13日
プレイ人数: 1-4人
対応: オンライン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で