ヨーロッパ向けにまずは発表されていた、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』仕様のニンテンドー3DS LL本体『Super Smash Bros. Nintendo 3DS XL』ですが、北米でも発売されることが明らかになりました。北米ではレッドに加えてブルーバージョンも用意されます。

ウォルマートの広告から判明したという、北米版の『スマブラ for 3DS』仕様3DS LL本体。発売は9月19日で、価格は各199.96ドル。ダウンロード版のソフトが同梱されるヨーロッパ版とは異なり、北米では本体単体での発売で、3DS版ソフト発売日の10月3日に先行する形でリリースされます。

海外では「Newニンテンドー3DS / 3DS LL」の発売が2015年以降となっているため、今年の年末商戦は3DS/3DS LL/2DSでの展開。値下げや新モデル投入(2011年1:値下げ、2012年: 3DS LL、2013年: 2DS)と、これまで毎年何らかの形でハードセールスのテコ入れ施策が行われてきた海外3DS市場ですが、今年はソフトで盛り上げていくことになります。

「New 3DS」はゲームメディアだけでなく一般のニュースメディアでも広く報じられていたので、発売待ちの人も少なからず出てきそう。

ちなみに日本では、3DS LLではなくNew 3DS LLで、『スマブラ for 3DS』仕様の本体が11月に発売予定。

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂、バンダイナムコゲームス、バンダイナムコスタジオ
ジャンル: アクション
発売日: 2014年9月13日
プレイ人数: 1-4人
対応: オンライン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で