スマートフォン向けゲームのパブリッシング等を手掛ける賈船(こせん、COSEN)が1日、ニンテンドー3DSへの参入を発表しました。第1弾タイトルとして、Neko Entertainmentと提携して『カンフーラビット』(開発: cTools Studio)を2014年10月にリリースする予定。ニンテンドーeショップ用のダウンロードタイトルで、配信価格は600円。

『カンフーラビット』は、カンフーの達人「カンフーラビット」を操作して、宇宙からやってきた邪悪な敵にさらわれてしまったベイビーラビットを救うため、様々なステージを冒険する2Dアクションアドベンチャー。80のステージや、カンフーラビットの能力をカスタマイズする15の隠しアイテムを収録。簡単操作で多彩なアクションを楽しむことができるとのこと。

ニンテンドー3DS『カンフーラビット』プロモーションビデオ【予告版】

賈船は今後も3DSタイトルを順次発表予定で、2014年中に3作品の配信を目指して開発を進めているとのこと。

『カンフーラビット』は、オリジナル版はiOS/Androidデバイス向けに配信。家庭用ゲーム機向けには今回国内で配信となる3DSをはじめとして、Wii UやPS3、PS Vitaでも配信されています。Vita版も国内配信されているようですね。

カンフーラビット

300円
(2014.09.01時点)

 App Store

posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で