任天堂の右腕として『ドンキーコング』『ゴールデンアイ007』『バンジョーとカズーイの大冒険』『ディディーコングレーシング』など多数の名作を制作し、現在はマイクロソフト傘下にいるレア。そのレアの創設者であるスタンパー兄弟の弟、ティム・スタンパー氏が、ビデオゲーム業界への復帰を発表しています。

2007年にレアを去っていたティム・スタンパー氏の新しいスタジオ「FortuneFish」は、イングランドのノッティンガムを拠点とするモバイル向けの開発スタジオ。

新規スタッフの募集を行いながらデビュー作の開発を行っている段階で、まだタイトルや内容は明かされていません。レアの中心人物でデザイナーでもあったティム・スタンパー氏のスタジオがどんなタイトルを送り出すのか興味深いところ。願わくば家庭用ゲーム機向けにも期待したいところですけれど、現在はモバイル向けに注力しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で