任天堂の第74期定時株主総会議決権行使結果が公式サイトに掲載され、岩田社長を含む10名の取締役が再選したことが明らかになりました。

昨年は77.26%と8割を割り込んでいた岩田社長の賛成率は、今年は80.64%に上昇。病気療養で今年の株主総会を欠席した岩田社長ですが、任天堂の顔として一日も早い全快復帰が待たれています。

専務の2名は昨年からダウン。竹田玄洋氏は92.73%から86.80%へ、宮本茂氏は92.74%から86.81%へ賛成率が下落しています。

取締役10名選任のほかには、剰余金の配当(1株100円)や定款一部変更の件が決議の結果可決されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で