E3 2014で任天堂から発表された、陣取りTPS『Splatoon(スプラトゥーン)』。オンラインを介した4対4の8人バトルが繰り広げられると発表されていますが、本作がパッケージソフトとして発売され、シングルプレイやローカルマルチプレイにも対応していることが明らかになりました。

Game Rantのインタビューに応じた、本作でディレクターを務める任天堂の阪口氏によると、『Splatoon』はパッケージソフトとして発売することを目指していて、パッケージソフトとして発売するからには当然シングルモードの収録を計画しているとのこと。また、インターネットに接続せずに楽しめる1対1のローカルマルチプレイモードも収録予定です。

特徴の異なるルールで展開する、ローカルマルチプレイ

『Splatoon』はGamePadを生かしたタイトルであるため、1対1となるとGamePadの扱いが気になるところですが、1対1の対戦時は少なくともどちらか一方がGamePadを使用し、もう一方がPROコントローラを使用する仕様が想定されています。

ただ1対1モードで遊ぶ際は、インクに隠れて忍び寄るなどのイカモードをより活用する、4対4で遊ぶのとは異なる特徴を持ったルールとなるようです。ある意味とても静かなモードかもしれないとのこと。

また、開発中であるため最終的に実装されるかどうかはまだ未確定であるものの、TV画面とGamePad画面を使ったゲームプレイも検討されているようです。

WiiU『Splatoon』は国内で2015年に、海外では2015年上半期に発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で