任天堂の現行ホームコンソール、Wii U最大の特徴であるGamePad。タッチスクリーン付きのこのコントローラは2台まで接続可能であることが明らかになっていますが、活用タイトルの登場は、今のところ現実的ではないようです。

任天堂はE3 2014で、GamePad活用を念頭に置いたソフトを複数発表し、Wii Uのポテンシャルを示しました。宮本茂氏はGamePadの2台使用について、ゲームプレイのアイデアから見て非常に興味深いと2台使用の可能性を残す一方で、まずはWii Uの普及台数を伸ばすことが重要だとIGNのインタビューでコメントしています。

「任天堂はまずWii U本体を出来るだけ多くの人々に購入してもらおうと試みているところで、僕たちは今そこにフォーカスしています。さしあたって、2台のGamePadを使うゲームプレイは僕らの短期的な目標には含まれていません」

GamePadの2台接続は、ゲームプレイのアイデア面から見ると非常に興味深いと語る宮本氏。ですが、2台のGamePad対応ソフト開発には、システムのアップデートが必要で、またリソースの継続的な投入も求められると宮本氏は語ります。

GamePad活用やチューニングは、しっかり活用しようとすると1台でもそれなりの時間を要すると言われていますが(時間がかかればそれだけ開発コストもかかります)、それが2台ともなるとWii Uのマシンパワーの問題もありますし、ユーザーはソフトを遊ぶために、決して安くは無いGamePadを購入しなくてはなりません。

宮本氏がGamePadの2台活用でどんなソフトを思い描いているのかは気になるところですが、形になるのはそう簡単な話ではなさそうです。

Wii U すぐに遊べる スポーツプレミアムセット
Wii U すぐに遊べるスポーツプレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2014年3月27日
セット内容: Wii U プレミアムセット、Wiiリモコンプラス、センサーバー、Wii Sports Club

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で