まもなく開幕を迎えるE3 2014。任天堂からは今年、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』を中心としてNFP(NFC活用プラットフォーム, Nintendo Figurine Platform)や発表済みタイトルの続報などが紹介されることが明らかになっていますが、それとは別に、個人的に発表してもらいたいたいフランチャイズを今年もまとめてみました。

まず、昨年選んだウィッシュリストのおさらいになりますが、『Wii Sports』と『ドンキーコング』はWii U展開が実現。もちろん購入して遊んでいます。『Wii Sports Club』の「ボクシング」楽しみです。他タイトルは残念ながら、発売はおろか発表もまだありません。。

今年期待するタイトルも昨年から大きく変わることはありませんが、幾つか発表されますように。

E3 2014、発表を期待したい任天堂タイトル

メトロイド

『ドンキーコング』を終えたレトロスタジオ、すでに新作に取りかかっているという話ですが、そろそろサムスに新しいミッションを与えていい時期ではないかと。

F-ZERO

マリオカート8』に反重力が採用され、ますます遠くなってしまった印象の『F-ZERO』ですが、あの世界観とハイスピードレースはまだ『F-ZERO』のもの。『スマブラ』のキャプテン・ファルコンではない仕事もそろそろね。

スターフォックス

『スターフォックス』シリーズはアドベンチャー経験もあるので、シューティングゲームであり続けてほしいのは勿論ですが別ジャンルへも広げやすそう。登場キャラも個性的ですし。寝かせておくにはもったいないフランチャイズだよなーと、まあファンだから思うことなんですけれども。

FOREVER BLUE

最近ネイチャー系の番組をよく見ている影響もありますが、今年も選出。任天堂的な老若男女が安心して遊べる血の出ないゲームで(サメには恐怖しますけれども。あと、イカも実は怖い生き物)、HDのビジュアルもアピール出来る、GamePad活用も期待でる良いことずくめ。問題はセールスがあまり見込めなさそうなところなのですが、ソフトラインナップ全体で取り返せたら良いじゃないかということで。

LEGO City

レゴシティを舞台にした『LEGO City: Undercover』は、ユーモア溢れるドラマとほどよい難易度の素敵なオープンワールドアクションでした。レゴゲームはシリーズ化されているものも少なくないので、チェイス・マケインの新た活躍も是非見せてもらいたいところ。

突撃!! ファミコンウォーズ

Kujuが取り組んでいる新作は『絵心教室』だということで、『突撃!! ファミコンウォーズ』シリーズの新作はすぐには見られそうも無いのですが、もしWii U向けに開発されるのであれば、GamePadを活用したRTSを見せてくれるに違いありません。

斬撃のREGINLEIV

Wiiリモコンプラスで真価を発揮し、強烈なインパクトを残した『斬撃のREGINLEIV』。斬撃アクションをさらに発展させた姿をWii Uで見てみたいと考えているのは僕だけではないでしょう。

新規IP

一番見てみたいのは、新規IP。最近の任天堂はちょっと大人しいというか、優等生な出来の続編に偏っているので、いたずら心というかやんちゃさを感じられるような、尖ったタイトルを期待したいところです。

E3 2014の任天堂の発表は、6月11日午前1時から。「Nintendo Digital Event」で、今年これからやその先のWii U/3DSソフトが公開予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で