E3 2014にてナツメが任天堂機向けに3タイトルを発表予定であることをお伝えしていますが、3タイトルのうちの1つが『牧場物語』シリーズのニンテンドー3DS向け新作『Harvest Moon: The Lost Valley』であることが、ナツメから発表されました。北米で年内発売予定。

北米向けには『Harvest Moon: A New Beginning(牧場物語 はじまりの大地)』が発売中であるほか、『Harvest Moon:Story of Seasons(牧場物語 つながる新天地)』がXSEED Gamesから発売予定。『Harvest Moon: The Lost Valley』はそれらとは異なる第3のタイトル。

「『Harvest Moon: The Lost Valley』はフランチャイズを真に進化させるタイトルです。筋金入りのファンはこのゲームを愛するでしょうし、まだシリーズを遊んだことの無いプレイヤーでも、遊んでみたくなるでしょう。ユニークでチャーミングな『牧場物語』ワールドに引き込まれると思います」と、Natsumeの社長兼CEOであるHiro Maekawa氏はリリースで述べています。

『Harvest Moon: The Lost Valley』では、プレイヤーはシリーズ初めて3次元でのファームシミュレーションを体験することができ、世界や畑をカスタマイズしていく事が可能。チューリップが咲き誇るオランダのようなフィールドから、水で満たされたヴェネツィアのような環境に至るまで、その選択はプレイヤーに委ねられるとのこと。

[追記 マーベラスAQLから、『牧場物語』の海外シリーズタイトルを『STORY OF SEASONS』に変更し、今後『牧場物語』の海外タイトルに『Harvest Moon』は使用しないことが発表されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で