任天堂から3日、Wii U本体の最新システムバージョン「5.0.0J」がリリースされました。以前から発表されていたクイックスタートメニューのほか、お知らせ受信機能の追加やメニュー更新、電源OFF時の動作機能改善など多数の更新や変更が含まれています。

「5.0.0J」の目玉は「クイックスタート画面」。「クイックスタート画面」は開発途中の味気ないものではなく、任天堂らしいカラフルな表示。GamePadから起動すると、画面には利用頻度の高いソフトアイコンが10種類表示されるほか、「ユーザー選択」「クイックスタート設定」「Wii Uメニューへ」も表示されます。クイックスタート画面は5.0.0への更新終了後、いったん電源をオフにして暫く待つと計算が終了し利用可能となります。

また、GamePadでお知らせの通知や確認が出来るようになったほか、これまではなぜか個別のアプリ扱いで、起動するためにはゲームを中断しなくてはならなかった「お知らせリスト」も改善されました。

このほか、電源オフ時の操作で、これまではダウンロードのみだった本体更新がインストールまで行われるようになるなど、様々な追加・変更が行われています。

クイックスタート画面の実装で、これまでのWii Uメニューは1つ後方へ回りました(クイックスタート画面からWii Uメニューへ移動しようとすると、誤って進まないようにわざわざ確認画面が挟まれます)。これにより、Wii Uメニューの読み込み時間をほぼ気にしなくても良くなったので、おせじにも機能しているとは言えない『わらわら広場』の構造に今後は手を加えることができるのではないかなと思いますね。

「5.0.0J」への更新による主な変更点

  • クイックスタート画面の追加
    • Wii U GamePadで電源をONにしたときに、クイックスタート画面が表示
    • クイックスタート画面から、最近遊んだソフトや新たにインストールが完了したソフトをすぐに選んで遊ぶことが可能に
  • Wii U GamePadでおしらせを受信する機能の追加
    • 任天堂からお届けするキャンペーン情報などのお知らせを、電源がOFFのときにWii U GamePadで受信することが可能に(お知らせリストとは別)
    • おしらせが届くと着信音とともにWii U GamePadの画面に表示。届いたおしらせはクイックスタート画面で確認することも可能。着信音の音量は変更可能。
  • 電源OFF時の動作機能の改善
    • 本体の更新がある場合に、更新データをダウンロードしたあとに自動でインストールまで行われる
  • 『Wii Uメニュー』の更新
    • Wii Uメニュー左上の「ユーザーのMii」を選ぶと、ユーザー設定画面が表示
    • ユーザー設定画面のデザイン・レイアウトが変更
    • ユーザーの交代はユーザー設定画面から行える
  • 『本体設定』の更新
    • 「電源の設定」に「クイックスタート画面の設定」が追加。Wii U GamePadに届くお知らせの設定変更もここで
  • 『HOMEボタンメニュー』の更新
    • 『おしらせリスト』のアイコンをHOMEボタンメニュー上に配置。HOMEボタンメニューから『おしらせリスト』を起動可能に(ゲーム中でも起動可能に)。
  • システムの安定性や利便性の向上
    • システムの安定性や利便性の向上

このほか、インターネットブラウザーもバージョン「3.0.0.9561」に更新されていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で