メディアクリエイト調べの国内チャート(2014年5月19日~5月25日週)が発表され、PS3版『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦』が初登場首位を飾ったことが明らかになりました。


『ウイイレ2014 蒼き侍の挑戦』は、PS3、PSP、ニンテンドー3DSの3機種全てがトップ10入り。合計で5.9万本を販売しています。『蒼き侍の挑戦』は前回ワールドカップ時に発売された『2010』でも本編の約3分の1ほどの出足だったということで、今回も同じような傾向を示しています。

そうした中で3DS版は、初めてJリーグが収録された事もセールスを後押ししたのか、『2014』本編の初動を上回る1.6万本を記録しています。

2位には海外発売から9日間でミリオンセールスとなったPS4『inFAMOUS Second Son』がランクイン。3.4万本を販売しています。本体牽引効果はいまひとつ。3位は国内での実売ミリオン間近な『妖怪ウォッチ』が3.3万本で続きました。『妖怪ウォッチ』は100万本まで残り1.6万本を切り、次週にも到達しそうな勢いです。

今週は新作が6本トップ10内に初登場となりましたが、1位の『ウイイレ2014 蒼き侍の挑戦』でも3.5万本といずれも小規模な数字に止まりました。ソフト総販売本数は39.0万本と、2週続けて40万本を下回っています。

ハード市場も停滞。販売台数は前週比106.8%の6.4万台でした。3DSは2.3万台(3DS: 0.4万台、3DS LL: 1.8万台)、Wii Uは『マリオカート8』効果を少し感じられる前週比134.3%の0.9万台でした。

TOP 20内、任天堂関連タイトル

3位: 妖怪ウォッチ
3.0万本 → 3.3万本/累計98.4万本
5位: ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦
1.6万本
10位: マリオゴルフ ワールドツアー
0.9万本 → 0.7万本/累計9.3万本
11位: マリオパーティ アイランドツアー
0.8万本 → 0.6万本/累計37.7万本
12位: ポケットモンスター X/Y(同梱版含む)
0.5万本 → 0.5万本/累計406.8万本
14位: モンスターハンター4(同梱版含む)
0.3万本 → 0.4万本/累計328.1万本
15位: 星のカービィ トリプルデラックス
0.4万本 → 0.4万本/累計58.8万本
16位: マリオカート7
0.3万本 → 0.3万本/累計232.2万本
17位: シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール(同梱版含む)
0.4万本 → 0.3万本/累計12.3万本
19位: わがままファッション ガールズモード よくばり宣言! トキメキUP!
0.3万本 → 0.2万本/累計3.9万本
20位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
0.3万本 → 0.2万本/累計373.7万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で