任天堂は27日、YouTubeで公開されている映像に関して、ユーザーが任天堂の著作物を使含む映像で広告収入を得られるアフィリエイトプログラムを準備していることを発表しました。

任天堂はTwitterで、「YouTube映像に関するお知らせ」をツイート。それによると、任天堂が許諾した任天堂の著作物を含む映像には広告が付き、その広告収益は通常Googleと任天堂とで分配されますが、より積極的に任天堂の著作物利用を希望するユーザーに対しては、広告収益の一部を受け取ることができるアフィリエイトプログラムを準備しているとのこと。

“より積極的に”というのは、任天堂のコンテンツを単純に転載するのではなく、独自性の強い、オリジナリティの高いコンテンツに仕上げているかどうかということなのでしょうね。

プログラムの詳細は後日発表されます。任天堂のコンテンツを利用したコンテンツ制作で収益化まで認めるというのは興味深い動きです。

任天堂は、ニンテンドー3DSやWii Uでクリエイト型のゲームソフトを複数発売していますし(絵心教室やバンブラ、うごメモ等)、29日に発売する『マリオカート8』でも「マリオカートTV」機能によりYouTubeへハイライト映像をアップロードすることが可能です。MKTVの映像はマネタイズ不可だと聞いたような気がしますが、続報を待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で