任天堂から13日、ニンテンドー3DS本体の最新システムバージョン「7.2.0-17J」がリリースされました。今回のアップデートは「保護者による使用制限」機能の追加などが含まれています。

今回「保護者による使用制限」に追加された機能はは、保護者のメールアドレスを登録しておくことで、万が一暗証番号を忘れてしまった場合に解除方法を受け取ることができるもの。メールアドレスの設定は、本体設定の「保護者による使用制限」から行うことができます。

また、主な変更点には含まれていませんが、今回の更新でニンテンドーeショップのパフォーマンスも改善。これまでは、各種メニューアイコンが表示されるまで暫く待たされることが少なくありませんでしたが、最新版ではメインメニューの画像が表示された状態でスッとショップが開きます。また各ページの読み込み時間も短縮された印象です。

「7.2.0-17J」の更新による、主な変更点

「保護者による使用制限」の機能追加
保護者の方のメールアドレスをあらかじめ登録しておくことで、暗証番号を忘れた場合に、解除方法をメールで受け取ることができる機能が追加
システムの安定性や利便性の向上
システムの安定性や利便性が向上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で