カプコンは9日、国内で2014年秋、欧米で2015年初頭の発売を目指す『モンスターハンター4G(海外タイトル: Monster Hunter 4 Ultimate)』について、2015年3月末までに販売本数390万本を目指すことを明らかにしました。

『モンスターハンター4』は、当初280万本を見込んでいたところ、期末までに410万本を出荷。この結果や海外展開を行うことを踏まえ、『モンハン4G』では最初からある程度大きな販売数を計画しています。

家庭用ゲームソフト全体の計画としては、タイトル数が25本と前期比で17本減少。販売本数も本編DLCを含めて1,300万本と450万本減少しています。これはハードの端境期であることや事業再編が重なったことから、このような販売本数を見込んでいるとのこと。また海外向けタイトルが少ないことも影響しています。

現時点で発表されている大型タイトルは『モンハン4G』のみですが、その他タイトルに関してもタイミングを見ながら発表される予定。

モバイル分野でも、先日配信はじまった『モンスターハンターポータブル 2nd G for iOS』に加えて、2014年中に『モンスターハンタースマート』をリリース予定。

PCオンラインでも、『モンスターハンターフロンティアGG』をサービス開始したほか、『モンスターハンターメゼポルタ開拓記』や中国市場向けに『モンスターハンターオンライン』をリリース予定であるなど、『モンハン』を中心としてテコ入れを図ります。

MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS

(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で