Xbox Oneローンチ時にはEAの人気タイトル『FIFA 14』をバンドルするなど、サッカーファンの取り込みに動くMicrosoftが、フランス有数のサッカークラブであるパリ・サンジェルマンFC(PSG)仕様のXBOX ONE本体セットをフランスで限定発売することを発表しています。


フランスの小売Micromaniaで独占販売される、PSGファン向けのリミテッドエディション『Xbox One Paris Saint-Germain Edition』。このセットには、通常本体に加えてXbox OneをPSG仕様に出来るクラブエムブレムなど3種のステッカー、所属選手のサイン入りレプリユニフォーム(13/14 アウェイキット)、PSG TVの2014-2015シーズン加入権が含まれています。5月7日に580ユーロで販売開始予定。

仏MicrosoftとPSGは2013年11月に、両ブランドイメージの強化を目的として2013-14シーズンのパートナーシップを締結。PSGのホームスタジアムのVIPルームや一部エリアでSurfaceやXboxを体験できるほか、SurfaceはPSGの公式タブレットとして採用されています。

また、唯一無二のエースストライカーであるズラタン・イブラヒモビッチを起用したXbox Oneの広告も展開されました。

ソフト面では、『FIFA』シリーズが各国クラブ仕様のパッケージを用意するなどしていますが、ハード面でサポーターのロイヤリティに着目した動きが出てきたのは興味深いところ。本体セールスを少なからず刺激することが出来るでしょうか。

Unboxing Xbox One Paris Saint-Germain Edition

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で