北米地域で2014年2月に配信開始となったVblank Entertainmentのレトロな見下ろし型アクションアドベンチャーゲーム、ニンテンドー3DS版『Retro City Rampage』の初月売上が、一年先行して配信されたXbox 360(XBLA)版の世界セールスを上回っていることが報告されました。


『Retro City Rampage: DX』として発売された3DS版の好調は、Retro City Rampageの公式Twitter (@RetroCR)を通じて報告されたもので、既に販売金額ベースではXBLA版の累計を抜き去り、本数ベースで抜くのも時間の問題だろうということです。

公式Twitterからはまた、より具体的な数字として『Retro City Rampage』全体の売上が25万本を突破していることも報告されています。PS+で配信された数字も含めると、50万本以上になっているとのこと。

『Retro City Rampage: DX』は、80年代から90年代かけてのビデオゲームやポップカルチャーのパロディ要素も含む、見下ろし型オープンワールドアクションゲーム。北米3DS eShopで2014年2月6日に、欧州3DS eShopでは2014年2月20日にリリースされました。

ニンテンドー3DS LL ホワイト (SPR-S-WAAA)
ニンテンドー3DS / 3DS LL
メーカー: 任天堂
発売日: 2011年2月26日(3DS LL: 2012年7月28日)
備考: 3DS LLはACアダプタ別売り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で