メディアクリエイト調べの国内チャート(2014年3月24日~3月30日週)が発表され、『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。


『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』は9.8万本を販売。3位に入ったPS3版は5.9万本を販売し、合計15.8万本を販売しています。2位には3DS『マリオパーティ アイランドツアー』が7.8万本で続きました。4位は『妖怪ウォッチ』で4.8万本。じわじわと販売本数を伸ばし続け、勢いを持続しています。5位はPS3版『戦国無双4』で4.6万本でした。

メディクリ公式によるとソフト総販売本数は100.5万本。トップの『初音ミク』をはじめとして新作がトップ20内に7本顔を出すなど好調で、季節要因もあり、2週連続で総販売本数が100万本を越えました。

11週ぶりに6万台を回復した3DSがトップシェア

ハード市場は16.4万台を販売。トップのニンテンドー3DSは、2014年1月12日週以来11週ぶりに6万台を回復しています。他ハードも、一部を除いて春商戦期であることや増税前の駆け込みで数字を伸ばしました(その分来週以降の数字が心配されますが)。

本体セット内容が新しくなったWii Uも売上を伸ばして10週ぶりに5桁を回復。ただ1.3万台と効果は限定的で、ソフトの充実やさらに魅力的な提案が待たれます。

TOP 20内、任天堂関連タイトル

2位: マリオパーティ アイランドツアー
13.2万本 → 7.8万本/累計21.0万本
4位: 妖怪ウォッチ
4.4万本 → 4.8万本/累計66.2万本
7位: NEWラブプラス+(同梱版含む)
3.1万本
16位: 星のカービィ トリプルデラックス
1.4万本 → 1.4万本/累計53.0万本
17位: カセキホリダー ムゲンギア
1.3万本 → 1.2万本/累計12.0万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で