ゲームボーイアドバンスソフトのWii U用バーチャルコンソールが3日、発表から1年以上が経って遂に配信開始日を迎えましたが、このGBAソフトのバーチャルコンソール化をセガの3D復刻プロジェクトでもお馴染みのエムツーが担当していることが明らかになりました。


エムツーといえば、3D復刻プロジェクト以外にもWii用バーチャルコンソール(メガドライブ、マスターシステム、ゲームギア、VCA、MSX)など、クラシックタイトルを愛情を持って現代に蘇らせるレトロゲー復刻でよく知られているデベロッパーですが、なんと今回のGBAのタイトルも担当。公式サイトのリリースによると開発全般を担当しているそうです。

エムツーは「お茶の間のテレビの大画面で、お手元のWii U GamePadで、懐かしいゲームボーイアドバンスタイトルをじっくりとお楽しみください」とコメントしています。

オリジナルの説明書を読めるアイデアもエムツーからのアイデアだったんでしょうか。画面表示の設定も、なめらか画面モードやテレビ画面の比率を選べたりと、これまでのVCには無かった機能が追加されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で