任天堂が運営する会員プログラム「クラブニンテンドー」。クラブニンテンドーでは、任天堂プラットフォームのハードやソフト、周辺機器を購入した際に、シリアルナンバーやアンケートに回答することでポイントが加算され、オリジナルグッズと交換することが出来まるシステムがありますが、このポイント付与ルールが一部変更となっています。

パッケージソフトのシリアルナンバー登録有効期限

1つ目は、パッケージソフトに付属するシリアルナンバーの登録有効期限延長について。パッケージソフトに付属するシリアルナンバーの登録期限は、通常発売日から2年後までとなっていて、例外的に「発売2年目以降、1年間に5万本以上販売されたソフト」に関しては、有効期限がその都度1年延長されてきました。そのルールの新規適用が、2014年3月20日をもって終了しました。

一般的にゲームソフトの商品寿命は短く、早ければ発売当週、長くても数ヶ月という世界。2年目以降に年間5万本以上売れるタイトルはきわめて稀で、1つのタイトルがじっくり売れていく任天堂タイトルに多い特例のようなものでした。

延長ルールは終了となりましたが、現時点で有効期限が延長されているソフトの有効期限に変更は無いとのこと。ただ今後新規適用は無く、全てのパッケージタイトルが「発売後2年」の登録有効期限ルールが適用されることとなります。

有効期限延長ソフトのシリアル登録有効期限

Wii用ソフト

  • 2014年4月末まで:マリオカートWii
  • 2014年10月末まで:星のカービィ Wii
  • 2014年11月末まで:Wii Sports Resort Wiiリモコンプラスパック
  • 2014年12月末まで:New スーパーマリオブラザーズ Wii
  • 2015年1月末まで:大乱闘スマッシュブラザーズX
  • 2015年4月末まで:マリオパーティ9

ニンテンドー3DS用ソフト

  • 2014年11月末まで:スーパーマリオ 3Dランド
  • 2014年12月末まで:マリオカート7

バーチャルコンソール

2つ目はバーチャルコンソールについて。2014年4月1日より、バーチャルコンソールのソフトについてはクラブニンテンドーの対象外商品に変更されます。2014年3月末までの購入分に関しては反映。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で