フランスのデベロッパーFusty Gameが開発する『Hover: Revolt of Gamers』がWii Uにも対応、また『Jet Set Radio(ジェット セット ラジオ)』シリーズ等のコンポーザーとして知られる長沼英樹氏が参加することが明らかになりました。


ストリート系のポップなトゥーンレンダリング“マンガディメンション”や印象的なサウンド、グラインド、エアトリック時の独特な浮遊感、グラフィティなどなど、DC時代に独自の強い個性を見せた『ジェットセットラジオ』。

『Hover: Revolt of Gamers』は、この『JSR』や『ミラーズエッジ』、『The Fifth Element』『Star Wars』に影響を受けたという一人称視点のオープンワールドパルクールアクションです。

プレイヤーは、新市長によって禁じられてしまったビデオゲームを取り戻すため、レジスタンス“Gamers”の一員となってプレイ。様々なミッションに挑みます。

公開されているトレーラーを見ていると、影響されたタイトルの雰囲気も感じることが出来ますが、そんな『Hover RoG』に彼らが影響を受けた『JSR』シリーズ等のコンポーザーで知られる長沼英樹氏が参加。楽曲を提供するとのこと。ゲームのコンセプトからしてなんだか楽しみなタイトルですが、そこに長沼サウンドが加わるとなれば期待値も俄然高まります。

trailer alpha 2 Hover RoG

『Hover: Revolt of Gamers』はWii Uのほか、PS4やXbox One、PCにも対応。発売は2014年内を予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で