スタジオ設立のために先日コナミを退社した、『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサーなどで知られる五十嵐孝司氏が、『メトロイド』開発に関心を持っていることが伝えられています。


2Dアクションに強い拘りを持つ五十嵐氏に対してIGNは、「『メトロイド』シリーズを復活させるために任天堂と協力することは検討しうるかどうか」を尋ね、五十嵐氏はこれに回答。

「可能性があるかどうかを判断するのはIPを保持している側、この場合は任天堂になりますが、彼らが私と仕事をしたいかどうかですね。ただ任天堂が私と仕事をしたいと考えたのであれば、喜んでそのチャンスに乗るでしょうね」

海外では探索要素の強い2Dアクションアドベンチャーを指して『メトロイド』と『キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)』を組み合わせた『Metroidvania』という造語が生まれるほど、両シリーズは高い人気があります。

もし実現すれば『Metroidvania』というタイトルのゲームが遂に誕生しそうなこの話ですが、独立を果たした五十嵐氏に任天堂が接触するのか、あるいは別の道へ進むのか動向が注目されます。

『メトロイド』新作は『ドンキーコング トロピカルフリーズ』を開発し終えたレトロスタジオが担当しているのではないかと噂されています(レトロスタジオが開発するのであれば、『メトロイドプライム』路線のFPAか)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で