Warner Bros.が『Batman: Arkham』シリーズ最終章となる『Batman: Arkham Knight』を発表しました。開発は『Arkham Origins』のWB Gamesから新作の動向が注目されていたRocksteady Studiosに変更。『Arkham』シリーズ開発の本家が最終作を担当します。


シリーズ最新作の『Batman: Arkham Knight』は、『Arkham Asylum』『Arkham City』に続く『Batman: Arkham』シリーズのフィナーレを飾る作品。

グライドやグラップリングといったお馴染みの移動要素に加えて、ゲームプレイのコア要素の1つとして遂にバットモービルが登場。バットモービルでのドライビングに合せ、『Arkham City』で描かれたよりもはるかに巨大な全く新しいエリアを含むゴッサムシティが描かれるとのこと。

登場ヴィランはスケアクロウ、ペンギン、トゥーフェイス、ハーレークインが判明。これまでの作品通り他にも多数のヴィランが登場するものと思われます。

『Batman: Arkham Knight』は2014年末に発売予定。対応プラットフォームはPS4、Xbox One、PC。PS3、Xbox 360、Wii Uといった、これまで『Batman: Arkham』シリーズをリリースしてきたプラットフォームでは展開されません。

Official Batman: Arkham Knight Announce Trailer – “Father to Son”

主要オンラインストアでは早速予約受付が始まっており、予約特典としてハーレークインがプレイアブルになるDLCが提供されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で