ナムコがGBAでリリースした『ミスタードリラー2』がオーストラリアのレーティング審査を通過したことをお伝えしていますが、ナムコが2001年にGBA用ソフトとして発売した『風のクロノア ~夢見る帝国~』(KLONOA: EMPIRE OF DREAMS)についても、19日に審査を通過した事が明らかになっています。


『風のクロノア』はPS用ソフトとしてデビューしたアクションゲームシリーズ。誰も楽しめるアクション性と印象深いストーリーが融合し、今でも根強い人気を誇ります。GBA版はパズル要素の強いアクションゲームとなっていて、各ステージにはギミックがふんだんに盛り込まれています。

『風のクロノア ~夢見る帝国~』レーティングは一般向けの「G」。『ミスタードリラー2』と同じく、開発はナムコ、パブリッシャーは任天堂。パブリッシャーが両タイトルとも任天堂ということで、バーチャルコンソール絡みではないかと思いますが、国内でも早期に正式発表されることを期待して待ちたいと思います。願わくば新作も見てみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で