ナムコ(現バンダイナムコゲームス)の人気アクションパズルゲームの1つ、『ミスタードリラー』(Mr.Driller)の2作品目である『ミスタードリラー2』が19日、オーストラリアのレーティング審査を通過したことが明らかになりました。


『ミスタードリラー』は、主人公ホリ・ススムを操作してステージに配置された様々な色のブロックを掘って掘って掘り進み、地底のゴールを目指す穴掘りアクション。『2』は2001年3月21日に、ゲームボーイアドバンス用ソフトとしてGBA本体と同時発売されました。

シンプルなルールで簡単に楽しめるドリラーシリーズ、アーケード発祥のシリーズは家庭用でもGBAのみならずPSやDC、GBC、Xbox 360、GC、Wii、Wiiウェア、DSiウェアと様々なハードで展開されていますが、2009年のDSiウェア『サクッとハマれるホリホリアクション ミスタードリラー』を最後に新作が途絶えています。

今回審査を通過した『ミスタードリラー2』のレーティングは一般向けのGeneralを示す「G」。開発はナムコで、パブリッシャーはバンナムではなく任天堂。

任天堂は、4月よりWii U VCがGBAに対応すると発表しています。初期ラインナップとして発表されたのは任天堂タイトルのみでしたが、GBAロンチタイトルの1つだった『ミスタードリラー2』も早期に配信されるのかも知れません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で