メディアクリエイト調べの国内チャート2014年2月3日~2月9日週が発表され、ニンテンドー3DS用ソフトとしてリメイクされた『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』が44.3万本を販売し、見事初登場首位を記録したことが明らかになりました。


大型タイトルが続けてリリースされていることでソフト市場は活性化。総販売本数は94.1万本と3週連続で前週比プラスに推移しています。

『イルとルカの不思議なふしぎな鍵』』は同じくリメイク版である前作『テリーのワンダーランド3D』の数字には届かなかったものの、人気の高い『DQM』シリーズ新作と言うこともあって40万本を越える数字を残しました。

2位に入ったのは『ぷよぷよテトリス』の3DS版。メディクリ公式によると、3DS版だけで全体の3分の2となる4.5万本を販売しているとのこと。トップ20には12位にPS3版が1.0万本で、14位にVita版が0.8万本で入りました。Wii U版は25位でした。

先週1位でデビューした『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は初週に需要が集中し、今週は9割減で3位。4位はクロスメディア展開がはまった『妖怪ウォッチ』が2.8万本を販売しています。5位は『星のカービィ トリプルデラックス』で2.4万本。『妖怪ウォッチ』『星のカービィ』は今週で累計40万本を突破しました。

『DQM2』同梱版効果で3DS LLが増加

『DQM2』同梱版効果で3DS LLが販売台数を伸ばし、総販売台数も前週比1.6%プラスに。3DSは4.8万台(3DS: 1.2万台、3DS LL: 3.6万台)、Wii Uは0.7万台でした。

TOP 20内、任天堂関連タイトル

1位: ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵(同梱版含む)
44.3万本
2位: ぷよぷよテトリス(3DS版)
4.4万本
4位: 妖怪ウォッチ
2.7万本 → 2.8万本/累計40.1万本
5位: 星のカービィ トリプルデラックス
3.9万本 → 2.4万本/累計41.7万本
6位: パズドラZ
2.6万本 → 1.6万本/累計134.3万本
10位: ポケットモンスター X/Y(同梱版含む)
1.4万本 → 1.1万本/累計393.7万本
15位: 進撃の巨人 ~人類最後の翼~
1.3万本 → 0.8万本/累計24.2万本
16位: ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
1.0万本 → 0.6万本/累計37.2万本
20位: モンスターハンター4(同梱版含む)
0.7万本 → 0.5万本/累計321.4万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で