任天堂は欧州地域での販売力強化のため、オーストリア・ウィーンに新オフィスを構える計画を発表しました。


derStandard.at」が伝えた情報によると、この動きは任天堂が1979年以来提携を続けていたザルツブルクの代理店Stadlbauerとの契約をこの度終了となることを受けて行われるもので、任天堂ヨーロッパ直轄で重点的に販売強化を行っていくことになります。

「オーストリア市場により深く携わっていくことは、任天堂のビジネスを成長させていく上で戦略的に重要だと位置づけており、現地の新チームはこのタスクに100パーセント専念していきます」

任天堂ヨーロッパ(ドイツ)のゼネラル・マネージャーを務めるBernd Fakesch氏は声明で述べています。

任天堂はヨーロッパはドイツを中心として欧州各地に販売拠点が置かれています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で