メディアクリエイト調べによる国内チャート(2014年1月27日~2月2日週)が発表され、PS3『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』が初登場首位を飾った事が明らかになりました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は26.9万本を販売。2011年12月に発売された前作の初週販売本数35.0万本から大きく落としていますが、消化率はシリーズで最も高かったとのこと。2位は『ディアブロ III』で4.1万本、3位は『星のカービィ トリプルデラックス』で3.9万本でした。

また『妖怪ウォッチ』人気が高まってきているのか、販売本数を前週比1万本上乗せしています。

25万本を越えるソフトが登場したことでソフト総販売本数は84.5万本と前週比115.7%にアップ。2週続けてプラスとなり、平時の勢いを取り戻しつつあります。

3DSが累計1,500万台達成

ハード市場は今週もダウンし8.5万台。ただ各ハード落ち込みは年初よりも緩やかになり、そろそろ底を打つのかなといったところ。シェアトップはニンテンドー3DSで3.7万台(3DS: 1.1万台、3DS LL: 2.6万台)、43.8%を占めています。また3DSはこの週で国内累計1,500万台を突破しています。発売から154週目でした。Wii Uは0.8万台でした。

TOP 20内、任天堂関連タイトル

3位: 星のカービィ トリプルデラックス
5.8万本 → 3.9万本/累計39.2万本
6位: 妖怪ウォッチ
1.7万本 → 2.7万本/累計37.3万本
7位: パズドラZ
3.5万本 → 2.6万本/累計132.6万本
10位: ポケットモンスター X/Y(同梱版含む)
1.6万本 → 1.4万本/累計392.5万本
11位: 進撃の巨人 ~人類最後の翼~
1.7万本 → 1.3万本/累計23.4万本
13位: ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
1.5万本 → 1.0万本/累計36.6万本
14位: 戦闘中 伝説の忍とサバイバルバトル!
0.9万本 → 0.8万本/累計25.9万本
16位: モンスターハンター4(同梱版含む)
0.8万本 → 0.7万本/累計320.8万本
19位: スーパーマリオ 3Dワールド
0.7万本 → 0.6万本/累計47.7万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で