1月30日に開催する経営方針説明会で、短期の展望と中長期の展望について説明するとしている任天堂ですが、急速に普及するスマートデバイス上のマーケティングについて、任天堂なりの活用方法が提示される事になりそうです。


日本経済新聞が報じたところによると、任天堂は年内にも自社ゲーム機やソフトの販売を増やすため、スマートフォンを積極的に活用するとのこと。具体的には新作ゲームの情報やゲームの世界観を紹介する動画、無料ミニゲーム、スマートフォンからのダウンロードソフト購入。

任天堂が以前から話していたように、スマホを介して任天堂の魅力をより知ってもらい、任天堂プラットフォームの購買へと繋げたい狙いです。

報道だと具体的なサービス名は出ていませんが、伝えられている内容が事実であるならば、スマホ経由のゲーム購入や紹介映像配信などから、ニンテンドーeショップのWeb化がようやく実現しそうです。Wii Uは「4.0.0」でいつの間に受信も実装しましたし、段階的に準備は進められているんですよね。

無料ミニゲームに関しても、体験版のようなゲームコンテンツそのものではなく、ブラウザ上で手軽に楽しめるものに止まるのではと考えています。任天堂アメリカのレジ―社長は昨年、任天堂コンテンツの雰囲気や体験をスマートデバイスでどう伝えようか、任天堂は常々考えているんだとコメントしていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で