Slightly Mad Studiosが開発するリアルレーシングシム『Project CARS』のクリエイティブ・ディレクターAndy Tudor氏は、Wii U版のビジュアルも十分なクオリティを持っていると説明します。


Nintendo Enthusiast」の取材に応じたTudor氏が、Wii U版のビジュアルや、対応プラットフォームにWii Uを含めている理由等について改めてコメントしています。

描画性能で他機種(PS4、Xbox One、PC)に劣るWii U版が、どこまで見劣りしないビジュアルを維持できるか。

「僕は文字通り雨が降る中(最も負荷のかかる天候の設定)でトラックレースの1つを楽しんだのだけれど、かなりいい状態で走ることができました。もちろん、最適化すべき箇所はまだあるのですが、並べて見ても、僕たちのスタジオで動いているWii Uバージョンは非常に期待出来ますよ」

多くのサードパーティーデベロッパーがWii Uをスキップして他機種向けに開発する中、何故Slightly Mad StudiosはWii U版もリリースすることを選択したのか。

「僕たちから他の会社の決定にコメントすることはありませんが、Wii Uにはリアル志向のレーシングゲームが今のところありませんし、Wii Uでゲームとインタラクトする方法において、タッチコントロールやジャイロ機能を考慮すると多くの可能性があります。これら両方を複合して考えると、決断するのは難しくありませんでした」

WMDコミュニティでは、定期的に『Project CARS』の実際のゲーム画面からのスクリーンショットがアップされており、Wii U版に関しても、これら公開画像やYouTubeにアップされるトレーラーから大きく見劣りはせず、期待を裏切ることはないとTudor氏はコメントしています。

『Project CARS』はPS4、Xbox One、Wii U、PC、Steam OSに対応し、2014年秋の発売予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で