バンダイナムコゲームスは15日、2013年8月1日に発売したニンテンドー3DS用ソフト『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』について、国内累計出荷本数が50万本を突破したことを発表しました(パッケージ版/ダウンロード版合算)。


『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ』は、ミッキーマウスをはじめとする80以上のディズニーキャラクターたちが暮らす夢の世界で、共にディズニーライフを送ることができるコミュニケーションソフト。バンナムの発表によると、20代~30代の女性を中心に好評を博しているとのこと。さらに、小学1~6年生や、母娘で一緒に遊ぶといった経験や、口コミにより支持を拡大したということです。TVCMも続いていますしね。

また、本作では長く遊べる要素として、1,000種類以上のディズニーアイテムを作成出来る点や、シーズンアイテムがあり、これらが高い評価を得ているとのこと。季節毎のアイテムは今後も順次展開予定です。有料DLCの提供形式は好かない部分もありますが、長く楽しめる施策を続けるのは商品寿命を延ばす意味でも重要ではないでしょうか。

国内50万本に止まらず、任天堂アメリカから先に発表されていたとおり、2014年4月には『Disney Magical World』として北米展開も決定済み。今後もロングセールスを期待出来そうです。

ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ
ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ
メーカー: バンダイナムコゲームス
開発: バンダイナムコゲームス
ジャンル: ディズニー世界体験ゲーム
発売日: 2013年8月1日
プレイ人数: 1人(通信プレイ時: 最大2人)
対応: ローカルプレイ、インターネット、すれちがい通信、いつの間に通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で