任天堂が抱える多くのフランチャイズの中でも新作が待たれるシリーズの1つ『スターフォックス』ですが、Wii U向け新作を期待させる直撮り映像が公開され、注目を集めています。


携帯電話で撮影されたような、いかにも怪しい不安定な直撮りリーク映像には、『Star Fox』のロゴと、開発中止となった『2』に登場する惑星“Eladard”がサブタイトルとして表示。またプラチナゲームズのプロデュースであることを確認できます。

ゲームプレイ画面を映すことなく映像は終了。新作が事実なら願ってもない話ですが、もしもプラチナが担当しているのなら、プロデュースではなく開発元で表示されるはずですし、著作権表示の年が1997-2014であるなど不審な点も多く(シリーズ1作目を表すなら1993年。1997年は『スターフォックス64』)、残念ながらファンメイドのフェイク映像ではないかとの見方も強いようです。ただ、今回の件がデマだったとしても、シリーズ新作への期待は強く持ち続けたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で