海外の任天堂情報サイトNintendo Lifeのスタッフ選出による、任天堂プラットフォームのGame of the Year: Staff Awards、ニンテンドー3DS編です。


3DSもWii Uと同様に、パッケージソフトの任天堂タイトルとソフトメーカータイトル、ダウンロードソフト、バーチャルコンソールまでを部門ごとに分けて投票。総合GOTYを受賞したのは、他サイトでも名前が挙がっている『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』でした。

3DS GOTY: 任天堂ソフト(パッケージ版)

3DSソフト部門、海外では相当量がリリースされた任天堂からは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』が選出されています。複数人の投票で任天堂ソフトから今年のGOTYを選ぶなら『マリオ』か『ゼルダ』かという感じ。強いです。

この他、夏場を支えた『とびだせ どうぶつの森』は2位、海外でも高評価の『FE覚醒』が3位に入っています。この2タイトルも、海外でも評価の高いソフトですね。『ルイージマンション2』はトップ3入りを逃しました。

部門 Top 3

  1. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  2. とびだせ どうぶつの森
  3. ファイアーエムブレム 覚醒

3DS GOTY: サードパーティソフト(パッケージ版)

サードパーティ部門の上位3タイトルは、全て日本メーカーから選出。1位はコナミの『キャッスルヴァニア Lords of Shadow 宿命の魔鏡』でした(開発は海外ですけれど)。海外メーカーの支援が手薄なところは3DSが海外で伸びきれない一因だったりもしますが、日本メーカー製タイトルがこうして評価され、存在感を示しているのは嬉しくもあります。

部門 Top 3

  1. キャッスルヴァニア Lords of Shadow 宿命の魔鏡
  2. Monster Hunter 3 Ultimate / 世界樹の迷宮IV 伝承の巨人
  3. 真・女神転生IV

3DS: eショップ

eショップ部門を制したのは、ゲームフリークによるリズムアクションの『リズムハンター ハーモナイト』でした。小気味よいリズムアクションと、素晴らしいサウンドトラックが魅力。2位には新作も楽しみな『StearmWorld Dig』、3位は『怪獣が出る金曜日』が選出されました。

部門 Top 3

  1. リズムハンター ハーモナイト
  2. スチームワールド ディグ
  3. 怪獣が出る金曜日

3DS: バーチャルコンソール

バーチャルコンソール部門は、パッケージソフト部門に続いて『ゼルダの伝説』が受賞。『ゼルダ』、人気です。2位は『Shantae』、3位には『ロックマン』シリーズから『ロックマン2』が入りました。

部門 Top 3

  1. ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章/時空の章
  2. Shantae
  3. ロックマン2

3DS: 総合部門

3DS総合部門は、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』が受賞。3位まで全て任天堂ソフト部門と同じ顔ぶれという、任天堂タイトルの強さが際だつランキングとなりました。

来年は任天堂以外のメーカーも選出されるよう、良作のリリースを期待しています。

部門 Top 3

  1. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  2. とびだせ どうぶつの森
  3. ファイアーエムブレム覚醒
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2013年12月26日
対応: すれちがい通信

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で