海外の任天堂情報サイトNintendo Lifeが、スタッフ選出による任天堂プラットフォームのGame of the Year: Staff Awardsを発表しています。


パッケージタイトルからeショップのダウンロード専用ソフト、さらにバーチャルコンソール部門までを取り扱うNintendo LifeのGame of the Year。Wii Uで大賞を受賞したのは『スーパーマリオ 3Dワールド』でした。

Nintendo Lifeは『スーパーマリオ 3Dワールド』を「息をのむほどの創造性に溢れ、シングルもマルチプレイもすさまじく楽しい、任天堂東京制作部から届けられた新たなマスターピースだ」と絶賛しています。

Wii U: 任天堂ソフト(パッケージ版)

部門 Top 3

  1. スーパーマリオ 3Dワールド
  2. ピクミン3
  3. ゼルダの伝説 風のタクトHD

Wii U: サードパーティソフト(パッケージ版)

サードパーティ部門を制したのは、日本では任天堂から発売された『レイマン レジェンド』でした。いきなり訪れたソフトメーカー離れにより、発売タイトル数は限られていましたが(それに多くはマルチプラットフォームタイトルでしたが)、良作がリリースされています。

『レイマン レジェンド』もマルチプラットフォームタイトルの1つで、発表当時は独占タイトルでしたが、しかし延期の末に発売された本作は見事なアクションゲームに仕上がりました。

部門 Top 3

  1. レイマン レジェンド
  2. Monster Hunter 3 Ultimate(モンハン3G)
  3. Deus Ex: Human Revolution Director’s Cut / Need for Speed: Most Wanted U

Wii U: eショップ

限定的なパッケージタイトルとは裏腹に、拡大が期待されるダウンロード専用ソフト部門は、Gaijin Gamesの『BIT.TRIP Presents: Runner 2 Future Legend of Rhythm Alien』が受賞。『New スーパールイージ U』もこの部門のエントリーでしたが、トップ3入りせず。

部門 Top 3

  1. BIT.TRIP Presents: Runner 2 Future Legend of Rhythm Alien
  2. Wii Sports Club: Bowling
  3. DuckTales Remastered

Wii U: バーチャルコンソール

Wii U VC部門は、初VC化かつ欧州初上陸の『MOTHER2 ギーグの逆襲』が受賞しています。シリーズの残る2作品もVC化が待たれます。2位3位はSFCのタイトル『スーパーマリオワールド』『スーパーメトロイド』が選出されています。

部門 Top 3

  1. MOTHER2 ギーグの逆襲
  2. スーパーマリオワールド
  3. スーパーメトロイド

Wii U: 総合部門

バーチャルコンソールまでを含むWii U総合部門は、『スーパーマリオ 3Dワールド』が受賞しています。

部門 Top 3

  1. スーパーマリオ 3Dワールド
  2. ピクミン3
  3. レイマン レジェンド
スーパーマリオ 3Dワールド
スーパーマリオ 3Dワールド
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
発売日: 2013年11月21日
ジャンル: 3Dアクション
プレイ人数: 1~4人
対応: ニンテンドーネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で