任天堂は30日、ニンテンドー3DSのニンテンドーeショップで27日より行っている利用時間制限について、これを解除し、従来通り利用出来る状態になったと発表しました。


任天堂によると、これまでの負荷軽減対策に一定の効果が確認できたため、利用時間制限の解除に至ったとのこと。

任天堂はeショップへの接続が困難になっている事への対策として、27日に地域ごとの利用時間制限を発表。当面の間、日本での利用時間は6時~18時に限定されていました。

なお、配信が一時停止されている3DS『ポケモンバンク』については、システムに与える負荷を十分に検証した上で配信を再開するとのこと。再開日は未定です。

また『ポケモンバンク』のダウンロードの際に必要となるニンテンドーネットワークIDですが、事前にNNIDを作成して3DS eショップへログインし、引き継ぎ処理を済ませておくよう任天堂からあわせて告知されています。

『ポケモンバンク』は需要が大きく、NNID登録も必要なソフトのため、今回のトラブルの一因となっていました。

接続エラーが発生した時期が時期なので、当然のように来年まで時間がかかるのかと思っていましたが、まだ『ポケモンバンク』の配信再開という懸念材料が控えているとはいえ、年内に通常運営まで復旧しました。おつかれさまです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で