『ポケモンバンク』のリリースとクリスマスのアクセス集中により、Wii Uやニンテンドー3DSのネットワークサービスに接続障害が発生していることをお伝えしていますが、任天堂からも公式に、接続エラーの発生が報告されています。


任天堂から報告された、接続エラーが発生する主な例は以下の通り。

  • ニンテンドーeショップに接続できない。
  • 『ポケモンバンク』の起動や期間券の購入ができない。
  • 『ポケムーバー』のダウンロードができない。
  • ニンテンドー3DS同士の引っ越しができない。
  • 本体更新や更新データのダウンロードができない。
  • Wii Uおよびニンテンドー3DSゲームソフトのネットワーク機能の一部やMiiverseの利用ができない。

Wii Uがより深刻な状況で、25日22時15分頃よりネットワークサービスが全般的にダウンしています。

接続エラーの発生理由は既に発表されている通り、ニンテンドーネットワークID作成後に行われる、eショップ起動時の「ご利用記録」引き継ぎ処理の負荷が想定以上の規模であるため。

クリスマスで新規にWii U/3DS本体を購入したユーザーや、『ポケモンバンク』のダウンロードのためにNNIDを新規作成するユーザーが殺到し、障害が発生しています。

任天堂は接続障害について謝罪すると共に、NNID作成のタイミングをずらしたり、しばらく時間をおいてeショップへ接続するなど、アクセス分散へ協力してもらえるよう呼びかけています。

[追記
任天堂から、30日をもって利用時間制限を解除すると発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で