CfK Chart-TrackによるUKチャート2013年第51週が発表され、クリスマス前最後の週で『FIFA 14』が『Call of Duty: Ghosts』を抜いて首位に立った事が明らかになりました。


激しいデットヒートを繰り広げるEAの『FIFA』とActivisionの『CoD』ですが、『FIFA 14』は前週比+18%の伸びを見せ、+7%の『Call of Duty: Ghosts』を交わしてクリスマス前週の首位に立ちました。

発表によると、EAは28年のChart-Track統計の歴史上、クリスマス週に14度の首位を獲得しており、うち『FIFA』シリーズが8度首位を獲得しているとのこと。ここ最近のUK市場のクリスマス週は、2007年の『Call of Duty 4: Modern Warfare』以来、2008年の『FIFA 09』を除いてはActivision(『CoD』シリーズ)が支配する状況が続いていたそうですが、今回『FIFA 14』が抜き返したことでこれが覆る状況となっています。

3位は価格プロモーション効果で92%増を果たした『Assassin’s Creed IV: Black Flag』が順位を上げ、4位には『Battlefield 4』(+17%)が続いています。5位は『LEGO Marvel Super Heroes』(-17%)、6位『Grand Theft Auto V』(+94%)、7位『Just Dance 2014』(+18%)、8位『Need for Speed: Rivals』(+25%)、9位『Killzone: Shadow Fall』、10位『Minecraft: Xbox 360 Edition』でした。

任天堂関連タイトルの動向

クリスマス前で任天堂としても書き入れ時の週、総合チャートトップ40では17位に順位を上げた『とびだせ どうぶつの森』の他、9タイトルを送り込んでいるものの、機種別チャートのトップ40に入った任天堂プラットフォームソフトは僅かに5本という結果に終わりました(3DS4本、Wii1本)。

総合チャートでは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は21位、『ポケットモンスターX』が24位、『ポケットモンスターY』が24位、『スーパーマリオ 3Dワールド』が33位、『レイトン教授と超文明Aの遺産』が34位、『マリオカート7』が38位、『New スーパールイージ U』が39位、『New スーパーマリオブラザーズ U』が40位でした。

UK Chart Top 20(2013/12/15~12/21)

  1. FIFA 14 – ELECTRONIC ARTS
  2. CALL OF DUTY: GHOSTS – ACTIVISION BLIZZARD
  3. ASSASSIN’S CREED IV: BLACK FLAG – UBISOFT
  4. BATTLEFIELD 4 – ELECTRONIC ARTS
  5. LEGO MARVEL SUPER HEROES – WARNER BROS. INTERACTIVE
  6. GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  7. JUST DANCE 2014 – UBISOFT
  8. NEED FOR SPEED: RIVALS – ELECTRONIC ARTS
  9. KILLZONE: SHADOW FALL – SONY COMPUTER ENT.
  10. MINECRAFT: XBOX 360 EDITION – MICROSOFT
  11. GRAN TURISMO 6 – SONY COMPUTER ENT.
  12. BATMAN: ARKHAM ORIGINS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  13. SKYLANDERS SWAP FORCE – ACTIVISION BLIZZARD
  14. WWE 2K14 – TAKE 2
  15. FORZA MOTORSPORT 5 – MICROSOFT
  16. DISNEY INFINITY – DISNEY INTERACTIVE STUDIOS
  17. ANIMAL CROSSING: NEW LEAF – NINTENDO
  18. FOOTBALL MANAGER 2014 – SEGA
  19. ANGRY BIRDS STAR WARS – ACTIVISION BLIZZARD
  20. ALIENS: COLONIAL MARINES – SEGA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で