メディアクリエイト調べによる国内チャート2013年12月9日~12月15日週が発表され、『パズドラZ』が初週50万本を越えるヒットを記録し、見事初登場1位に輝いた事が明らかになりました。


『パズドラZ』は54.3万本を販売。プレゼント需要を獲得できたことや価格を抑えめにしたことが功を奏し、初週で年間8位の販売本数をマークしています。2位は先週からさらに数字を伸ばす『ポケモンX・Y』。3位は『スーパーマリオ 3Dワールド』が続きました。上位20タイトル中15タイトルが任天堂プラットフォーム向けと、今週も年末らしいランキングとなっています。

メディアクリエイトによると、ソフト総販売本数は172.3万本。ようやく年末らしい数字になってきました。プラットフォームの比率は任天堂:SCE=79:21とのこと。中でも3DSのソフト市場が7割を占めているそうです。

ハードも任天堂プラットフォームが8割

ハード市場も任天堂プラットフォームが席巻。ニンテンドー3DSは18.1万台を販売(3DSが5.0万台、3DS LLは13.0万台)、Wii Uも7.4万台を販売し、任天堂プラットフォーム全体で8割近くを占めました。

ただ3DSは前年、前々年のような伸びがなく、本体セールスはピークアウトしていることが鮮明に。Wii Uも年末効果で盛り返してきてはいるものの、まだ任天堂ハードらしい数字には届いていません。他ハードは言わずもがな。海外が次世代機で盛り上がる中、日本市場は爆発的な盛り上がりを見せられずにいます。

Top 20内、任天堂ハード関連ソフト売上

1位: パズドラZ
54.3万本
2位: ポケットモンスター X/Y(同梱版含む)
11.1万本 → 15.9万本/累計336.0万本
3位: スーパーマリオ 3Dワールド
4.3万本 → 5.7万本/累計24.1万本
5位: 進撃の巨人 ~人類最後の翼~
9.3万本 → 4.2万本/累計13.5万本
8位: イナズマイレブンGO ギャラクシー ビッグバン/スーパーノヴァ
9.1万本 → 3.0万本/累計12.2万本
9位: モンスターハンター4(同梱版含む)
2.0万本 → 2.7万本/累計303.0万本
10位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
1.5万本 → 2.6万本/累計352.2万本
11位: トモダチコレクション 新生活(同梱版含む)
1.2万本 → 2.2万本/累計154.5万本
12位: アイカツ! 2人のmy princess
1.2万本 → 1.8万本/累計11.7万本
13位: ワンピース アンリミテッドワールド レッド(同梱版含む)
1.5万本 → 1.7万本/累計14.1万本
14位: ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ(同梱版含む)
圏外 → 1.7万本/累計35.0万本
15位: New スーパーマリオブラザーズ 2(同梱版含む)
圏外 → 1.5万本/累計215.8万本
17位: ルイージマンション2
圏外 → 1.5万本/累計95.8万本
19位: 初音ミク Project mirai 2(限定版含む)
1.8万本 → 1.4万本/累計12.1万本
20位: 太鼓の達人 Wii Uば~じょん!(同梱版含む)
圏外 → 1.3万本/累計5.1万本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で