今年遊んだゲームの中で、特に印象に残っているソフトを紹介。2013年版です。

ピクミン3 / 任天堂(Wii U)

ピクミン3
延期の末に発売された『ピクミン』最新作。まさしく待望のシリーズ最新作。

『Wiiであそぶ~』シリーズで導入されたWiiリモコン+ヌンチャク操作がより洗練されました。ゲーム内の情報をGamePadに表示しサブディスプレイとして活用するスタイルも、状況把握に役立ちます。

削除された要素があったり、全てが期待通りの内容というわけではありませんが、3人のリーダーを切り替えながら効率的に進めていく“段取り”ゲームとしてや風景の美しさなど、3作目にして『ピクミン』という遊びが確立されたように思います。

追加コンテンツでミッションのボリュームも増え、それぞれのステージで高スコアを目指して何度でも再チャレンジできます。

ピクミン3
ピクミン3
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: AIアクション
発売日: 2013年7月13日
対応: ニンテンドーネットワーク

スプリンターセル ブラックリスト / Ubisoft(PS3, Xbox 360, Wii U, PC)

SplinterCell: BlackList
Ubisoftのステルスアクションシリーズ最新作。用意された多彩なアイテムやアクションを駆使して、息を潜めてひっそり潜入任務を進めたり、正面から敵に立ち向かうこともできるという、ユーザーの趣向に合わせて幅広いプレイスタイルを選択出来ます。

ステルスゲームの醍醐味である緊張感が、しっかりと面白さにも繋がっている良作。Wii U版はオフラインマルチが無いものの、タッチ操作の武器選択やジャイロ操作などGamePadならではのユニークな利用方法が提案されました。

スプリンターセル ブラックリスト
スプリンターセル ブラックリスト
メーカー: Ubisoft
開発: Ubisoft Toronto、Ubisoft Shanghai(Wii U)
ジャンル: ステルスアクション
発売日: 2013年9月5日
対応: PS3、Xbox 360、Wii U、PC

ソリティ馬 / ゲームフリーク(3DS DLソフト)

ソリティ馬
ニンテンドー3DS eショップで配信されている、ソリティアと競馬が見事なフュージョンを果たしたゲームフリークの自社パブリッシング第1弾3DSダウンロードソフト。あと1戦あと1戦とずるずる続けてしまうテンポの良さと、テキストのノリが面白くてまたいいです。短時間で1レース遊べ、しかし先の展開がどんどん気になるというこのソフトは相当な時間泥棒ですよ。

Wii Uに関してはローンチ前に期待されていたペーストはならず(ソフトタイトル数の増加もハードの普及速度も)、今もって苦戦中です。他社のやり方とは一線を画して、その上でソフトメーカーと協力し合える関係をつくっていきたいと語る任天堂ですが、Wii Uの満足度を高めるため、2014年は是非とも結果を示してもらいたいなと思います。

来年も素敵なゲームと出会えますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で